2010 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2010 03

2010年春に向けて・・・

kage

2010/02/21 (Sun)




まだまだ寒い日が続きますね・・・しかし春はすぐそこまで来ています。

春は新しい出会いの時・・・という事で、この度縁あってベース科とドラム科に新しい先生をお迎えしました。最初にご紹介する先生はベース科の「鹿島達也」先生です。先ずはプロフィールからご紹介しましょう。

鹿島達也

1986年、てつ100%、SUPER BADのレギュラーメンバーとしてメジャーデビュー1990年からフリーのベーシストに転身し、セッションマンとして様々なライブ・レコーディングに参加する。現在にまでに、ORIGINAL LOVE・The Pillows・ゴンチチをはじめ、多数のアーティストをサポートしてきた。Rockをベースに
Soul・Funk・R&B・Jazz・Latin・Reggaeなどのブラックミュージックからの影響が強いプレイスタイルと、オールラウンドの守備範囲が魅力のスーパーベーシストである。
生徒さんに一言『音楽と共に生きる幸せ!僕にとっても、日々チャレンジです。レッスンを通じて、一緒に成長できればいいなと思ってます。』

続いての紹介はPADDYことドラム科米元美彦先生

米元美彦

1972年千葉県出身高校在学中ドラムを始め卒業と同時に本格的に音楽の道を歩む。1994年『Slippin'Guys』参加~1998年。1995年『Spiderwalk Blues Band』参加~2009年。1996年渡米シカゴにて数々のセッションに参加。1997年『LIVE HOUSE ANGA』設立~1999年。1999年『永井ホトケ-NewBluesPower』参加。2002年『ToxBox』参加、山本リンダ・三善英史・大阪パリ祭等バック演奏を勤める。2006年『Little Birds』参加。2007年~『竹田和夫 Japan Tour』参加2008年『Jimisen』参加。そのほかにも『佐野まり』『月音エンターテイメント』等でも叩いている。
生徒さんに一言
『ドラムはそんなに難しくない!両手両足一緒でも大丈夫!』をコンセプトに楽器
に慣れる楽しむ事から始めましょう、スティックコントロール・ペダルコントロール・
スティックが無くても出来るトレーニング・セットが無くても出来る練習法からセット
を使っての効果的な練習方法!まずは愉しみましょう!』


続いてベース科の永見寿久先生

永見寿久

島根県浜田市出身。中学生のときにベースを手にする。
高校時代はロックを中心に演奏。 尚美学園大学に入学。
ジャズサークルや周りの人を通しジャズ、フュージョン、様々なブラックミュージックに触れ次第に音楽にのめり込み大学一年のときにJ&Pコースに転換。
3年間ジャズを学ぶ。 大学在住時に池田潔氏、小杉敏氏にジャズベースを学ぶ。大田宏氏にクラシックコントラバスを学ぶ。2008年から東京ザビヌルバッハや菊地成孔Dub Sextetで活躍中の坪口昌恭(pf)氏のカルテットに参加。新宿ピットインに出演。4月にはNewYorkCityCollege の講師でもあるホーン奏者スコットリーブス氏と競演。現在はコントラバスとエレクトリックベースの両方で様々なジャンルのセッションに参加。

生徒さんに一言
『音楽とは音を楽しむこと。楽しむために一緒に頑張りましょう!!』

いずれの先生方も縁あってグッドタイムの講師をお願いする事に成りました。プレイも人柄もとても素晴らしい皆さんです。現役講師共々宜しくお願い致します。

スポンサーサイト